国際学会へ出発!〜バーデン編〜

昨日のショッピングモールで買った水着を持って、
いざと言うときのための
おにぎりも持って。

オペラ座から電車で約1時間の
バーデン に出発です。

Barden行きの列車に乗って。


途中見たことのある看板や珍しいものも

約1時間後
バーデン・ヨーゼフシュプラッツ駅に到着

ココから歩いて5分の所にある
インフォーメーションセンターによって
日本語の地図をもらい、
早速レーマ・テルメ・バーデンに行きました。

Barden(バーデン)とは「温泉」という意味で
ローマ時代から知られています。
バーデンの温泉は硫黄泉(泉源14カ所、約36℃)。
効能はリウマチや
その他運動機能障害・神経痛・皮膚病など
さまざま。
そして何より転地そのものや
リラクゼーションによる効果も

ここの施設は温泉センター的な感じ。
併設のホテルやエステもありそう。
そして周りにはうっすら硫黄臭が。
入り口付近には・・・


「わー首だけのオブジェ
写真撮ってるんだ~」と近づくと
この人も銅像・・・
ビックリです


入り口で入場料を払い(3時間)、
更衣室へ。
なんと、男女共用
ここら辺ではこれが普通なんだそう。


でも、ちゃーんとお着替え用の個室もありました。
プール・お風呂の写真は外から。

中の様子ですが、
ご高齢の方が多く
介護施設に来ちゃった感じ

皆さんバスローブを羽織っていて
カクシャクとした感じでとても
カッコいい。
ここではサウナは全裸になるそうで・・・
バスローブは必須だそうです。
子連れで入ったら止められちゃいました
(そりゃそうやろね・・・)

そして広いプールに所々突然ジャグジーが
出てくるしかけあり。
久しぶりに子供たちと
ワイワイキャーキャー
遊ぶことができました。

別府温泉に慣れている私たち。
温水プールで遊んだあと体を温める目的で
暖かそうなお風呂につかりましたが・・・

温度が32-34℃、
36-38℃、のお風呂。
ぬる~い

物足りない感じはしたけど
3人で探検気分で知らない町に行って
思いかけず
皆に親切にしてもらって
十分満足したのでした~

~バーデン ベートーベンハウス編~に続きます。

Follow me!

    コメントを残す