生理周期

最近の診察で自分の生理を把握していない患者様にお会いしました。

その方は妊娠希望や婦人科系のご相談ではなく感冒症状でご来院いただきましたが、
妊娠希望があり排卵に影響のない薬をご希望でした。

妊娠や排卵のことを気にされているのなら自分の生理期間・周期についてわかっているのが当然と思われます。
しかしこの患者様は何を聞いても
「知らない。」
「よく知らないんですけど~。」
としかお答えしていただけませんでした。

それまでの診察での話ではまだ排卵していない時期と思われましたのではっきり思いだしていただくようお願いしました。
そうすると、「ハアむかっもう、いいです。」と言ってお会計なしで怒って帰って行かれました。
とても、残念。
もしかしたら妊娠するチャンスのお手伝いができたかもしれません。

お薬は医師が責任をもってその患者様の身体・症状のことを考えて処方しています。
次回の排卵での妊娠希望や妊娠初期のかたであればそのことも十分考慮してなるべく身体に負担をかけないよう処方します。
しかし、月経周期や日にちのことは患者さまのご協力なしには知ることができません。
ぜひ、以下2つの質問の答えを準備して診察においでください。

1 「最後の生理はいつですか?」
 最近の生理の始まった日を教えてください。
2 「月経周期はどれくらいですか?」
 月経の周期は「月経の始まった日から次の月経の始まりの前日まで」を言います。

この2つの質問だけです。
女性なら難しいことではないですよね。
わからなければ、一緒に思い出すようお手伝いしますよ合格

乳がん検診の時もお聞きしますのでカレンダーでご確認をお願いします。

ホームページにお知らせをのせています。https://bec-medicube.com
お問い合わせ・ご予約は別府駅前クリニック0977-25-3030までお願いします。

Follow me!

    コメントを残す