足元にご注意!

また今年もジメジメする季節が近づいてきました。

足元・靴の中もジメジメしていませんか!?


女性の水虫目・・・増加中です!
エンジョイ・ライフ-ashi

水虫は高温・多湿な場所が大好き。

しかも栄養は皮膚の角質部分。

なので足指の間の角質の厚いジメジメしたところに発生しやすいんですね。

水虫の正体は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種ですが、その白癬菌の付着した角質が床やバスマット、スリッパなどに剥がれ落ち、別の人の素足に付着すると発症してしまいます。



公共の場で裸足になる機会が多い人は特に注意が必要です。


水虫をそのまま放置すると、他人にうつすだけでなく自分の体のいろんな場所に真菌症を発症してしまいます。

爪に繁殖してしまうと爪白癬、手に繁殖してしまうと手白癬、陰部に繁殖してしまうとたむしと言われる病気になります。


また、薬の使い方ですが、日に何度も塗る必要はありません。

薬はお風呂上りにきれいなタオルで水気を拭き取ってから塗りましょう。

角質がやわらかく、薬が浸透しやすいからです。

使った足ふきのマットやタオルは感染源になりますので、すぐ洗濯しましょう!
そして、患部だけでなく角質があるとことに繁殖しますので広範囲に塗布しましょう。


見た目や、かゆみから「自分は水虫に違いない」と思い込んでいても、じつは別の原因で水虫に似たような症状が出ている場合があります。

例えば、湿疹や皮膚炎のような原因も考えられます。そのような症状に対して、水虫薬を利用してしまうと、皮膚の症状を悪化させてしまう場合があります。

水虫薬を塗っても全く症状が良くならない場合や、症状が悪化してきた場合はぜひ一度診察を受けてみてください。


Follow me!

    コメントを残す